HOME>特集>スイッチを入れたらすぐに温まる性質がある

電気さえあればすぐに使える

電熱ヒーターは、電源さえ確保できれば、すぐに使い始められるのが大きな強みです。一般家庭用であれば、大掛かりな工事を必要としないことがほとんどで、電熱ヒーター本体を購入して、コンセントを指すだけの作業で済みます。そして、使い続けていく上で、ストーブのように灯油を継ぎ足すような作業は必要ありません。また、空気そのものを温めるため、空気を汚すことがないので、定期的な換気もせずに済みます。24時間稼働できるものであれば、電源をオンにしておくだけで、常に温かい状態を維持できます。

低コストで狭いスペースを温められる

電熱ヒーターは、比較的狭いスペースを温めるために使用します。そのため、必要最小限の出力で済み、電気代を抑えることができます。そして、稼働し始めるまでの時間が短いのも特徴で、早ければ数秒程度で近くが温かくなり始めます。そのため、スイッチを入れてから温かくなり始めるまで、寒い思いをしながら待たなければならないということはありません。また、電熱ヒーター自体も、価格が安いものが多く、数千円程度で購入できるものも多いです。高性能なものでも、数万円程度で購入することが可能です。したがって、本体価格とランニングコストを合わせても、費用が高くなりにくいです。