HOME>イチオシ情報>石油を使わないクリーンな暖房器具を探している人におすすめ

代表的なヒーターの特徴とは

暖房器具

カーボンヒーターはスポット的な暖房器具として適しており、遠赤外線の作用で身体を深部まで暖めることができます。器具の仕組みはシンプルなので価格が安く、また電気代も抑えられます。ハロゲンヒーターはカーボンヒーターよりも素早く部屋を暖められるのが特徴です。価格はそれほど高くはありませんが、ハロゲンランプは消耗品で故障するリスクがやや高いです。セラミックヒーターは名前のとおりセラミックを使用した電熱ヒーターで、安全性が高くクリーンな暖房器具として人気があります。狭い場所に設置できる安全な暖房器具がほしいという状況で適していますが、消費電力に関しては電熱ヒーターのなかでも高めです。

石油ストーブとの性質の違いは

作業服

電熱ヒーターの特徴は、給油をする必要がなくメンテナンスが楽なことです。不完全燃焼を起こす心配がないので、安全性の面でも優れています。ランニングコストで見れば石油ストーブに軍配が上がりますが、電熱ヒーターも使用電力を抑えつつ効率よく部屋を暖められるタイプが増えてきています。それでも広範囲を暖めたい状況では石油ストーブが優れているので、電熱ヒーターは人のいる場所だけ部分的に暖めたい、トイレや脱衣所を暖めたい、などの目的で使用されることが多いです。

ヒートショック対策によく活用される

作業服

広い部屋を暖める目的で電熱ヒーターが使用される状況は少なく、多くはスポット暖房に活用されています。特にヒートショック対策に最適なアイテムで、冬場になるとトイレや脱衣所、入浴前の浴室に設置するという人は少なくありません。全般的に軽量なタイプが多いので、入浴する1時間前に脱衣所や浴室に持ち込み、暖めるという使い方ができます。急激な温度変化は血圧を大きく変動させるため、心臓や脳血管に悪影響を与えます。特に高齢者のいる家庭では、ヒートショック対策として導入するケースが多いです。